3月になりました! 今月は太陽が最終星座である「うお座?」を進行中です。 うお座は12星座中、最も抽象的で説明の難しい星座とも言われています。 例えば… 絵画や音楽などの型にハマらない存在。 あるいは 直感、霊感など、これまた常識が当てはまらない分野を司る星座ですから、左脳で説明するには、かなりの難題です。

しかし、これは「現実世界」での解釈であって、霊界においては、ごく普通に起きている状況を表していますから、単なる日常です。 その部分に太陽のスポットが当たると言うことは「自分にとっての日常を変える。」には一つのチャンスの月と言っても良いでしょう。 例えば、学校に行く、仕事に行く、食事を作る、掃除をする、お風呂に入る、買い物に行く… これらの「すべきこと。」に対して「これまでとは違う捉え方や解釈の仕方はないか?」 と考えてみるのも良いでしょう。

もちろん、「これらを、やらない。」と言う選択肢もあるでしょう。 しかし、もう少し違う解釈もあります。 それは「すべきことを好きになる。」と言う考え方です。 例えば、学生の時、歴史の授業が苦手だったのに、ある先生の授業がとても面白くて、気づいたら頭に入っていて、歴史が好きになった… これは、先生によって解釈が変わった訳ですから、本当は歴史が苦手だった訳ではなかったのです。 皆さんもこんな体験、ありませんでしたか?

今の例は、相手が変わったことが要因です。 でも、必ずしも相手の力が必要とは限りません。 それが仕事だったとすると 「仕事は大変で疲れるもの…。と決めつけていたけど、楽しくなる方法はないかな?」と考えた時点で、もう変化は起き始めているのです! 今月は、今までの価値観や思い込みに今一度スポットを当てて、捉え方を変えてみるには一年中で最も追い風の時です。 是非とも、解釈の仕方を変えてみましょう!(^^)